2014年度京大モンキーキャンパス

主催
公益財団法人日本モンキーセンター

共催
京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院

後援
愛知県、愛知県教育委員会、岐阜県、岐阜県教育委員会、犬山市、犬山市教育委員会

募集期間
2014年5月1日~5月31日(必着) 終了しました

受講資格
世界のサルの生態、進化、行動やわたしたちを取りまく環境問題などに 興味関心を有する高校生以上の方で、原則として6回すべて受講できる方

募集人数
80名(※定員に達したため募集を終了しました。)
開講日
2014年6月から11月の月1回
講座スケジュール

6/8(日)

第1回
想像するちから:チンパンジーが教えてくれた人間の心
松沢哲郎 (公益財団法人日本モンキーセンター所長、京都大学霊長類研究所教授)


愛媛県松山市生まれ。京都大学文学部哲学科出身、大学院文学研究科中退、理学博士。中部学院大学客員教授。「比較認知科学」という学問の視点から、チンパンジーの研究を通じて人間の心の進化を考えてきた。1978年から続くアイ・プロジェクトである。1986年からは毎年アフリカに行って野生チンパンジーのくらしの研究もしている。著書は「想像するちから」(岩波書店)ほか。日本学術会議会員、文化功労者。



7/20(日)

第2回
言語以前のコミュニケーション:ゴリラの社会から考える
山極寿一 (公益財団法人日本モンキーセンター博物館長、京都大学大学院理学研究科教授)


1952年、東京生まれ。京都大学理学部卒、理学博士。30年以上にわたってアフリカ各地でゴリラの生態や社会の調査を実施し、それをもとに人類の過去の姿を追い求めている。同じ場所に暮らしているゴリラとチンパンジーの調査から、複数種の人類の共存についても考察。紛争が続くコンゴ民主共和国でゴリラと人との共存を目指した住民活動ポレポレ基金に参加、最近はガボンで生物多様性保全のプロジェクトを実施している。



8/17(日)

第3回
女性が導く近隣関係:ボノボの社会から
伊谷原一 (公益財団法人日本モンキーセンター動物園長、京都大学野生動物研究センター教授)


1957年、犬山生まれ。理学博士(京都大学)。京都水族館エクゼクティブ・アドバイザー。1984年に沖縄で生態人類学的研究を行う一方で、ザイール(コンゴ民主共和国)で野生ボノボの生態学的・社会学的研究に着手。1991年に同国で暴動・内戦に巻き込まれ、フィールドをコンゴ共和国とタンザニアに移しチンパンジーの調査を行う。また、飼育下でもチンパンジーの行動学的・動物福祉学的研究に携わる。



9/7(日)

第4回
熱帯雨林の多様性とその危機を考える
湯本貴和 (京都大学霊長類研究所教授)


1959年生まれ。京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了(理学博士)。専門分野は植物生態学。アフリカ、南米、アジアの熱帯雨林で動物と植物との相互関係の研究をやり、総合地球環境学研究所では「日本列島における人間-自然相互関係の歴史的・文化的検討」という、理系文系あわせて100名あまりの共同研究を主導した。2012年4月から現職。霊長類(人間も含む)のたべものとすみかの研究を行なっている。

第4回目(9/7)および第5回目(10/12)は、講師が幸島司郞教授(第4回目 -> 第5回目)から湯本貴和教授(第5回目 -> 第4回目)へと変更になりました



10/12(日)

第5回
世界の野生動物をフィールドワークする:ヒマラヤから海中まで、氷河から熱帯雨林まで
幸島司郞 (京都大学野生動物研究センター教授)


1955年、愛知県生まれ。京都大学理学部卒業。京都大学野生動物研究センター長・教授。専門は行動学、生態学、雪氷生物学。1982年にヒマラヤで氷河に住む昆虫やミジンコを世界で初めて発見して以来、世界各地で氷河生態系の研究を続けている。同時に、イルカやオランウータンなど様々な野生動物の生態や行動を学生と共に幅広く研究している。

第4回目(9/7)および第5回目(10/12)は、講師が幸島司郞教授(第4回目 -> 第5回目)から湯本貴和教授(第5回目 -> 第4回目)へと変更になりました



11/24(月・祝)

第6回
ゲノム時代の生物学が開く新たな扉
阿形清和 (京都大学大学院理学研究科教授)


1954年生まれ。京都大学大学院理学研究科で理学博士取得。専門分野は再生生物学、ゲノム進化学。本業はプラナリアやイモリといった再生能力の高い動物を使った再生研究。一方で、それらの 研究過程で培った分子生物学のノウハウをフィールドで野生動物や霊長類を追って研究している研究者に実習を通して広めている。ここでは、最新のゲノムサイエンスの驚異の謎解きについて紹介したい。


詳細
申込方法などの詳しい情報は、公益財団法人日本モンキーセンターホームページにてご確認ください。
http://www.j-monkey.jp/event/college/campus2014/index.html