2014年3月1日追記:2014年4月入学の履修生については募集を締め切りました。
2014年3月19日追記:2014年春入学の履修生が決定しました
2014年12月01日追記:2015年春入学の募集スケジュールを発表いたしました。
2015年1月追記: 最新の履修生募集要項はこちら(http://www.wildlife-science.org/ja/admission/)でご確認ください。

プログラム履修者の募集要項 :第2版 (平成26年2月15日版)

2014年度(平成26年度)春入学 霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院履修生の募集


霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院 (PWS) は、5年一貫教育プログラムです。大学院修士1年生 (M1) から履修を認められた者をL1とし、L2、L3、L4、L5と進級し、5年間で修了します。PWSは、従来の大学院課程と並行して進むプログラムであり、履修することによって現在の所属先を変更する必要はありません。 PWSプログラムのカリキュラムについては、当ホームページで確認してください 。

平成26年 (2014年) 4月1日から本プログラムを履修する者 (以下、「履修生」) を以下の要領で募集します。本プログラムを履修するためには、次の条件のどちらにも該当することが必須です。

1. 京都大学の大学院生であること (2014年4月1日時点)
2. PWSプログラムの履修を申請し認められること


各条件の詳細については次の通りです:

1. 京都大学の大学院生であること (2014年4月1日時点)
申請者は、次のいずれかに所属する大学院生であることが必須です:     * 個別に要件を説明します

2. PWSプログラムの履修を申請し認められること
履修生の選考対象は、2014年4月1日時点に、大学院修士1年生 (M1) あるいは博士後期課程1年生 (D1) である学生とします。すでに述べたように、本プログラムは5年一貫教育であり、L1 (M1) は新入生、L3 (D1) は編入生とみなされます。それ以外の学年からの履修は認められません。
(注) M2の学生は、今回申請することはできませんが、1年間予科生となった後に編入資格審査を受け、D1からL3となることが可能です。D2およびD3の学生は、履修生の選考対象になりません。
各学年度末には研究指導認定がおこなわれ、履修生としての資格要件を満たすと判断された者のみ、次の学年へ進級することができます。同じ学年を繰り返すことは認められません。
L3への編入を希望する者は、本プログラムの上部組織である「京都大学博士課程教育リーディングプログラム運営委員会」の承認を得るため、「編入資格審査」を事前に受ける必要があります。次の事項を確認の上、必要な手続きを取ってください。
【編入資格審査】
L3編入資格審査を受けるためには、以下の書類を提出する必要があります:

(1) 「博士課程教育リーディングプログラム編入希望調書」(Word形式)
(2) 修士論文あるいはそれに相当するもの
(3) 語学力を証明するもの

(1)の様式および記入例は、こちらでダウンロードできます。

【履修の可否について】
履修の可否判定の場として、PWSキックオフ・シンポジウムを開催します。


申請者は、PWSキックオフ・シンポジウムに全日程参加し、英語でポスター発表をおこなってください。参加するにあたり、メイルでの事前登録が必要です。期間中は、無料の宿泊施設と食事を提供します。履修希望者は、件名を「リーディング大学院履修希望」とし、entrance@wildlife-science.org 宛てに、以下の情報を送ってください。
(1) 氏名
(2) 連絡先(電子メイルと電話)
(3) ポスター発表演題
(4) 2014年4月から予定される所属の大学院名
(5) 2014年4月から予定される所属における研究指導者名(複数記入可)
(6) 履修生として認められた場合に研究指導を希望するPWS分担者名(複数記入可)
(7) 志望の動機
→応募用紙:霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院履修生(エクセル形式)

(注) 研究指導者およびPWS分担者には事前に連絡し、了承を得た上で同意書 (形式自由) を書いてもらってください。

締め切りは、2014年2月28日 (金) です。履修希望の受付番号をメイルで返しますのでご確認ください。締め切りを過ぎても返信がない場合は、info@wildlife-science.org まで至急連絡してください。

PWSキックオフ・シンポジウムにおいて、申請者には次の2点が求められます:
(1) ポスター発表 (英語)
発表内容は、これまでおこなってきた研究、これからおこなおうとする研究、PWSプログラムでめざすこと、の3点です。A0サイズ (縦1,189mm×横841mm) あるいはそのスペースに収まるポスターを用意し、英語で発表をおこなってください。発表内容の要旨 (200 words + 4 keywords) を、2月28日 (金) までにentrance@wildlife-science.orgおよびkickoff@wildlife-science.org宛てに送付してください。
(2) 面接 (日本語・英語)
シンポジウム期間中に面接をおこないます。詳細な面接日時については、後日連絡があります。

履修の可否は、3月19日 (水) を目処にメイルで当該本人に結果のみを通知します。

問い合わせ先は、info@wildlife-science.org です。なお、メイルでの問い合わせに限ります。