James Russell ANDERSON
文学研究科行動文化学専攻・教授
alt text
板倉昭二
文学研究科行動文化学専攻・教授

野生の中の育ち

ヒトも動物です。これは当然のことなのですが、私たちはともすればこのことを忘れてしまいがちです。ヒトの育ちは極めて特殊かもしれません。ヒトの育ちにどのような特徴があるのか、他の動物と比べてどこが違うのか、どこが似ているのか。自然環境下や飼育下にある動物の育ちをじっくりと観察し、私たち人間の育ちを振り返ってみましょう。そこに、忘れてはならない大事なものが見えてくるかもしれません。

alt text
藤田和生
文学研究科行動文化学専攻・教授

動物たちのこころの働きを実験的に分析しています。対象はフサオマキザル、リスザルのほか、ハムスター、デグーなどの齧歯類、ハト、ニワトリなどの鳥類、イヌ、ネコなどのコンパニオンアニマル、及びヒト幼児です。私たちに良く似た知性や感情を持つ動物もいれば、想像もつかないような世界を見ている動物もいます。こころは連続性を保ちつつ多様に進化したのです。どの種も生き方に適合した独自のこころを持っていて、その間に優劣はありません。もちろんヒトも!

吉川左紀子
こころの未来研究センター・教授
明和政子
教育学研究科・教育科学専攻・教授
alt text
小倉匡俊
北里大学獣医学部 助教

多様な立場から動物のQOLにアプローチする

動物福祉の視点から、飼育動物の生活の質(Quality of Life: QOL)をより良くすることが求められています。そのためには、飼育担当者の日々の積み重ねはもちろんのこと、獣医学的な知見も欠かせません。研究者が明らかにした発見も必要です。フィールドに出て野生環境とそこに暮らす動物たちの姿を見ることも新たな視点を与えてくれます。飼育動物のQOLをより良くするために多様な経験を元に協力する、多様な立場の、多様な人材の育成を目指します。

平井啓久
平井啓久
霊長類研究所・教授

ゲノム科学とフィールド科学の融合

ゲノムや染色体は遺伝物質で生物誕生以来の個体や集団の歴史を刻んでいます。その遺伝物質を系統的に比較することや個体間ならびに集団間で比較することで、個体や集団の生い立ちを客観的に推測することができます。その推進をフィールド科学と融合すれば、霊長類の進化の解明や、ワイルドライフ・サイエンスの基盤の強化につながるでしょう。それはまた、洞察力の先鋭化や、国際的・学際的・人際的教育研究事業の推進に極めて有効だと確信します。

清水展
清水展
東南アジア研究所・教授

フィールドワークは、目と耳と口と胃と足と、すべてを使うから面白くて充実です。

北ルソンの先住民(アエタとイフガオ)の村などで、文化人類学の長期の滞在調査をしました。村から日本に戻り、自身のデータや経験と照らし合わせて、やっと初めて、学部や大学院で学んだ民族誌や理論が、確かな手触りをもって理解できるようになりました。先行研究や理論と自身の調査資料とのあいだで思考の往復運動が始まった、というわけです。しかもフィールドでの経験が、日本の常識と偏見から、わたしを解き放して自由にしてくれました。

Claire WATSON
JSPS Research Fellow, CICASP

Understanding our evolutionary past; safeguarding the future

To better understand ourselves as humans, we can study nonhuman primates; living links to our evolutionary past. Behavioural research and field observation of apes and monkeys can provide a clearer picture of the evolution of human cognition and culture. Just as researching nonhuman primates can help us to understand our past, it is our responsibility to ensure their future. An enormous number of primate species are either critically endangered, endangered or vulnerable. The Leading Graduate Program in Primatology and Wildlife Science (PWS) aims to produce effective professionals trained in conservation and in promoting public awareness.

滝澤玲子
滝澤 玲子
野生動物研究センター 特任研究員


環境省の自然系職員として、本省や現地勤務(札幌・くじゅう・やんばる)を経験してきました。地域の自然や野生生物を守るのに一番大事なのは、地域の人々のちからです。もし、調査フィールドの自然や対象とする野生生物を守りたいと感じたなら、是非地元のおっちゃんおばちゃん子供たちと交流してください。最初は挨拶から、そして、自分のやっていることの紹介や感じたおもしろさを話すだけでも。面倒な気持ちから一歩進めて。きっと、新たな世界が広がりますよ。

阿部 秀明
野生動物研究センター 特定助教

生物を多角的に理解する

生物の形態や行動の多様性について、DNA・遺伝子・ゲノムというキーワードで解き明かそうとする試みが増えています。たしかに「どの」遺伝子が、「どのように」変化したのかは重要ですが、生物種をトータルに理解するためには、それらの内在的要因のほかにも、環境要因や社会性要因などの複合的要因を考える必要があります。このプログラムでは、ラボワークとフィールドワークの両面から、野生動物を多角的に学ぶことができます。

大渕 希郷
野生動物研究センター・特定助教 / 日本モンキーセンター・キュレーター

What is Science? What is Wildlife?

藻類や琵琶湖の淡水魚、爬虫類の進化についてフィールドワークをしながら学生時代を過ごし、上野動物園・飼育展示係、日本科学未来館・科学コミュニケーターの職を経験してきました。「科学って何?」「野生動物って何?」と訊かれたとき、みなさんはどう答えますか?その答えは、一般の方々はじめ、いろんな人と科学コミュニケーションをする中でつかみ取ってください。つかみ取った自分なりの「答え」=「アイデンティティ」は、きっと世界への窓を開ける鍵になるはずです。僕自身もみなさんや野生動物たちと対話がしたいと思っています!

alt text
高橋明子
野生動物センター・研究員

「採食」という窓から見る生物同士のつながりの世界

野生動物にとって、生きていくために採食は不可欠です。彼らは様々な基準により採食選択を行うため、被食捕食相互作用に強弱が生じ、複雑な生物群集ネットワークが形成されます。このことは絶滅危惧種や生態系の保全を行う上で、ある一つの種だけを切り取るだけでは十分な対策にはならないことを示唆しています。生物同士のつながりの世界を採食という窓から、フィールドとラボの両面よりアプローチしていきます。

alt text
金森 朝子
霊長類研究所・研究員

フィールドワークを経験して、新しい価値観を得る

自分の興味のある動物やその動物が生息する環境に出かけてみると、研究室にいるだけでは想像もしなかったような、様々な問題を目の当たりにします。まずは、その環境が抱えている問題を理解し、そして、そこに関わっている人たちと話をしてみましょう。やがて、動物も生態も人間も全てがつながっていることが見えてきます。その過程で得られた新しい価値観は、研究や保全活動に取り組む判断基準になります。本プロジェクトでは、自分の価値観を獲得した人材が、様々な現場で幅広く活躍することを期待しています。

alt text
鈴村 崇文
野生動物研究センター 技術専門職員

フィールドワークの楽しさを

宮崎県の幸島は1948年にニホンザルの調査が開始されました。それ以降60年以上もの間、調査が継続されています。2003年から宮崎に常駐し観察をしていますが、これだけ長い間観察していても、同じ事は二度と起きません。周りの環境もその時々で違います。その一瞬を逃さない。ここにフィールドワークの面白さがあると思います。幸島に住むニホンザルは至近距離で観察でき、フィールドワークの基礎を知るには最適な場所です。幸島でフィールドワークの楽しさを知って下さい。

alt text
赤見理恵
公益財団法人日本モンキーセンター 主任学芸員 キュレーター

誰もがホンモノに会える場所=動物園の魅力を探究する

日本は動物園・水族館大国です。毎年、日本の人口の半分以上にあたる、延べ7千万人以上の人々が動物園や水族館を訪れます。動物を見ることの楽しさは、古今東西、老若男女、普遍的なもののようです。ではなぜ、人々は動物園を訪れるのでしょう?
日本モンキーセンター附属世界屈指のサル類動物園で、「霊長類の魅力をどのように伝えるか」という教育的側面と、「人々は霊長類をどのように見ているのか」という利用者研究の側面から研究しています。

alt text
高野 智
公益財団法人日本モンキーセンター 主席学芸員 学術部研究教育室長

霊長類を通した学びをより多くの人へ

骨のデザインの美しさに惹かれ、化石・現生霊長類の運動器を中心に機能形態学的アプローチをしてきました。また、日本モンキーセンターでは博物館活動の大きな柱である教育普及活動に取り組んでいます。博物館には学問の世界と市民とを橋渡しする役割があります。取っつきにくいと思われがちな研究の世界を、動物園の生きた霊長類や標本を教材として、いかにわかりやすく伝えるのか。幼稚園児から社会人まで、様々な年齢層に対して学習機会を提供するべく、教材研究、プログラム開発をおこなっています。