書籍
京都大学霊長類研究所著 (2017) 『世界で一番美しいサルの図鑑』. エクスナレッジ
Brian Hare and Shinya Yamamoto Eds. (2017) Bonobos: Unique in mind, brain, and behaviour. Oxford: Oxford University Press.
田島知之・本郷峻・松川あおい・飯田恵理子・澤栗秀太・中林雅・松本卓也・田和優子・仲澤伸子 著 (2016) 『はじめてのフィールドワーク(1) アジア・アフリカの哺乳類編』. 東海大学出版部
吉田弥生・水口大輔・榊原香鈴美・岩田高志・丸山啓志・堀本高矩・岩原由佳・阿部朱音 著 (2016) 『はじめてのフィールドワーク(2) 海の哺乳類編』. 東海大学出版部
中村美知夫 著 (2015)『「サル学」の系譜 - 人とチンパンジーの50年』. 中公叢書
Nakamura M, Hosaka K, Itoh N, Zamma K (2015). Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research. Cambridge University Press, Cambridge.
Takeshita RSC, Huffman MA, Bercovitch FB (2015). Non-invasive analysis of adrenal hormones in Japanese macaques. Saarbrücken, Germany: LAP Lambert Academic. 83p.
Takeshi Furuichi, Juichi Yamagiwa, Filippo Aureli (2015). Dispersing Primate Females: Life History and Social Strategies in Male-Philopatric Species. (Primatology Monographs) Springer
坂本龍太著(2014)『ブータンの小さな診療所』. ナカニシヤ出版
齋藤亜矢著(2014)『ヒトはなぜ絵を描くのか――芸術認知科学への招待』. 岩波書店
Primates and Cetaceans: Field Research and Conservation of Complex Mammalian Societies.
Juichi Yamagiwa, Leszek Karczmarski Eds. (2014)
Primates and Cetaceans: Field Research and Conservation of Complex Mammalian Societies. Springer
古市剛史著 (2013)『あなたはボノボ、それともチンパンジー? 類人猿に学ぶ融和の処方箋』. 朝日新聞出版
平田聡著(2013)『仲間とかかわる心の進化-チンパンジーの社会的知性』. 岩波書店
新聞記事
松沢哲郎先生が日経新聞科学欄で連載してきた「チンパンジーと博士の 知の探検」より、当プログラムの活動内容が紹介されている回をご案内いたします。リンク先で記事全文がご覧いただけます。
人の心 脳の働きで理解
No. 51
2016年05月08日
人の心 脳の働きで理解
人の心 脳の働きで理解
No. 48
2016年04月17日
南米で人間の進化考える
人の心 脳の働きで理解
No. 46
2016年04月03日
現地調査担う人材育てる
人の心 脳の働きで理解
No. 45
2016年03月27日
科学の志 高校生に育む
論文