必修科目
カリキュラム

インターラボ科目番号: 9900

京都市動物園・生態学研究センター・原子炉実験所・瀬戸臨海実験所・霊長類研究所・日本モンキーセンターを回り、生物科学専攻における広範囲な研究領域の概略を学ぶ

2017/4/4 - 2017/4/9(4/7は入学式)

笹ヶ峰実習無雪期: 9632 積雪期: 9633

京都大学笹ヶ峰ヒュッテ(新潟県妙高市:標高1300mの高原)において、生物観察や火打山(標高2462m)登山や夜間のビバーク体験(戸外での緊急露営)を通して、フィールドワークの基礎となるサバイバル技術を学ぶ。

幸島実習WRC: 9627 PRI: 9526

日本の霊長類学の発祥の地である宮崎県幸島において、天然記念物である幸島の野生ニホンザルを観察して、糞の採集から食物となった植物を同定するなど、各自がくふうしたテーマで研究を行い、野外研究の基礎を学ぶ。

WRC:2017/04/16-2017/04/22
PRI: 2017/04/23-2017/04/29

屋久島実習前期: 9918 後期: 9920

世界遺産の島・屋久島で、海外の学生との研究交流も兼ねて、タンザニア、インド、マレーシアの大学院生とともに英語を公用語としたフィールドワークを行う。採取した試料は、続いて行われるゲノム実習で使用する。

前期 2017/05/13 - 2017/05/19 *発表会5/30,
後期 2017/11/05-2017/11/11

ゲノム実習前期: 9919 後期: 9921

屋久島で採取した試料を使って、様々な実験と解析を行う。屋久島実習に引き続き参加する海外の大学院生を交えて、実習は英語を公用語として進められる。フィールドでのサンプリングと、それに続くゲノム分析を通して経験することで、フィールドワークもラボワークも行える研究者を養成する。得られた成果をもとに、最終日に国際シンポジウム等で発表(英語)を行う。

前期 2017/05/22 - 2017/05/26 *発表会05/30,
後期 2017/11/13-2017/11/17

比較認知科学実習9634

比較認知科学研究のための基礎を学ぶことを目的として、チンパンジー、および、霊長類とは異なる環境に適応してきた有蹄類であるウマを対象として、認知実験や行動観察の手技を実習によって習得する。


動物福祉実習9635

野生動物研究センター・熊本サンクチュアリにおいて、飼育下動物の動物福祉について、講義と実習によって学ぶ。 動物福祉の向上を図る実践的取組としての環境エンリッチメント、採食エンリッチメント、認知的 エンリッチメント、およびこれらの実践と評価のために必要な行動観察や比較認知科学研究の手法に ついて、実習によって習得する。

2017年秋

動物園・博物館実習 前期: 9630 後期: 9631

日本モンキーセンターにおいて、キュレーター・飼育技術員を講師としたレクチャーを受け、現場で飼育実習を行い、教育普及活動にも参加する。PWSの3つの出口のうちのひとつである「博士学芸員」の仕事について学ぶとともに、霊長類及びワイルドライフサイエンスの環境教育の実践に触れる。

前期 2017/07/08 - 2017/07/10
後期 調整中

自主フィールドワーク実習

自主企画の海外研修を行うことで、履修生の自発的なプランニング能力の向上を図り、出口となる保全の専門家や、キュレーターや、アウトリーチ活動の実践者の育成につなげる。

選択科目
カリキュラム
PWSが目指す3つの出口「国際機関」「博士学芸員」「アウトリーチ」に対応した、6か月程度の研修を行う。

保全生物学研修Conservation Biology

国連・国際機関・NGO等での研修

動物福祉学研修Animal Welfare

博物館・動物園・水族館等での研修

アウトリーチ活動研修 Social Outreach

一国を対象としたアウトリーチ活動の研修

語学
「自学自習」「現地習得」を支援

外国語の習得外国語の習得

Foreign Language Requirement for the Kyoto University Leading Graduate Program in Primatology and Wildlife Research

Because of its strongly international focus, PWS encourages all students to make their best efforts to become multilingual ambassadors of animals and their environments. Students are therefore required to become proficient in at least one foreign language in addition to their native language, i.e. mother tongue, and even encouraged to work on additional languages.


For all students whose native language is not English, the foreign language requirement is met by showing satisfactory progress in the English language over the course of the PWS program. For international students whose native language is English, the foreign language requirement must be fulfilled using another language of their choice.


Proficiency in English, as well as any other required foreign languages chosen by students, will be evaluated at the end of each academic year by PWS faculty and other language facilitators.


In addition to the required foreign language, students are also strongly recommended to become proficient in a second foreign language. For both required and recommended foreign languages, students should choose a language which will most strongly benefit their graduate work in the PWS program or related future work (e.g. English plus a local language spoken in the area in which students are conducting fieldwork).


Note that language training is to be fully initiated and maintained by students, following a self-study paradigm. However, PWS faculty can help by facilitating self-study, such as through connecting students with native speakers of their respective language choice(s) (language facilitators) and/or directly communicating with students about or in some cases even in their chosen language(s).


For students wishing to pursue further foreign languages, PWS faculty will do its best to encourage and facilitate such wishes. Our ultimate aim here is to motivate students to become active members of the international community, where having command of multiple languages is a clear primer for success.

教養科目
セミナーの必修「5年一貫」

国際阿修羅セミナー国際セミナー

英国・コンゴ・ブラジル・ブータンなどからの研究者・政府関係者を講師として、公用語が英語のセミナーを随時開催している。

仏陀セミナー基礎教養

「地球社会の調和ある共存」という京都大学の憲章が掲げる理念を踏まえ、WWF職員・大使・知事などの多様な講師陣によるセミナーを随時開催している。 公用語は定めない。

CICASP Seminar

CICASP conducts a weekly CICASP Seminar in Science Communication which aims to develop students’ skills in scientific communication and critical thinking... [Read More]