霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院

プログラム修了審査基準に関する申し合わせ

第 1 条. 本申し合わせは、霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院(以下「PWS」とよぶ)のディプロマ・ポリシーに基づき、プログラム修了審査の具体的な基準を定めるものである。なお、本申し合わせはプログラムの修了に関するものであり、この修了審査に合格した学生は、在籍研究科から授与される学位にプログラム修了が付記される。

第2 条. 満たすべき要件
2.1 PWS を履修する学生は、PWS カリキュラム・ポリシーおよびディプロマ・ポリシーに定める全ての科目を履修しなければならない。これらの履修実績は PWS ウェブサイト上の履修生ポートフォリ オに記録されている。

2.2 The International Symposium on Primatology and Wildlife Science(PWS 年次シンポジウムあるいは中間シンポジウム)において、履修生の総合評価が行われる。総合評価では、ディプロマ・ポリシーの定める3要件(①修士課程相当の必修8実習の履修(国内外自主フィールドワーク実習を含む)、および上級生としての実習実施への貢献、②博士課程相当の6ヶ月以上の国内外長期自主研修インターンシップ、③研究のための知識・情報収集技術・情報発信力の獲得、およびコミュニケーショ ンツールとしての言語習得)の達成度を評価する。総合評価は、HQ と称する事業の核となる分担者を中心に、履修者の在籍研究科の指導教員および PWS 指導教員によって構成される「PWS 研究 指導審査会」において、所与の成績評価に面談の結果を加え、総合的に優・良・可・不可の4段階で評価される。良以上の成績を修めなければならない。

2.3 在籍最終年度の履修生からの PWS プログラム修了審査願を受けて、当該履修生に対する最後のPWS研究指導審査会を「PWS 修了審査委員会」と称する。PWS 修了審査委員会は前項および前々項の要 件を満たしていることを確認した上で、それらの評価にシンポジウムでの発表内容を加えて最終評価を行い、プログラム修了の可否を審査する。

2.4 PWS 修了審査委員会は PWS のコーディネーターが選出して PWS 協議委員会に報告する。


第 3 条. PWS 修了審査委員会は、審査結果を PWS 協議員会に報告する。


第 4 条. プログラム修了の最終決定
4.1 PWS 協議員会は、前条の報告を受けプログラム修了認定の可否を決定する。

4.2 PWS 協議員会は、前項の結果をリーディングプログラム運営委員会に報告する。
(2016/02/12 PWS 協議員会承認)

霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院(PWS)

プログラム修了審査手順

1.
PWSのコーディネーターは、プログラム履修在籍最終年度(L5)に達した履修生に対して、カリキュラム・ポリシーに掲げられた必要項目の習得を確認した時点で、PWSプログラム修了審査の要請資格があることを通知する。
2.
プログラム修了審査の要請資格の通知を受けた履修生は、「PWSプログラム修了審査願」を、コーディネーター宛に、PWSプログラム支援室を通じて提出する。
3.
履修生からのPWSプログラム修了審査願を受けて、PWSのコーディネーターは当該履修生に対する「PWS修了審査委員会」を立ち上げる。PWS修了審査委員は、本人推薦(審査委員5名中2名以内)も考慮して、PWS協議員会の議を経てコーディネーターが指名する。
4.
PWSプログラム修了審査願を提出した履修生は、The International Symposium on Primatology and Wildlife Science(PWS年次シンポジウムあるいは中間シンポジウム)において研究活動内容の発表をおこなう。3月修了の履修生は中間シンポジウムで、9月修了の履修生は年次シンポジウムで、それぞれ発表することを原則とする。同シンポジウムにおいて、PWS修了審査委員会は当該履修生のプログラム修了の可否を審査する。審査基準は「PWSプログラム修了審査基準に関する申し合わせ」に従う。なお、PWSプログラム修了審査は、研究科による学位審査とは別途独立に行うものとする。
5.
PWSプログラム修了審査には、シンポジウム後の公聴会(月例面談)の内容も加味する。
6.
PWS修了審査委員会は、審査結果を「リーディングプログラム修了の要旨」にまとめてPWS協議員会に報告する。
7.
PWS協議員会は、前項の報告を受けプログラム修了認定の可否を決定する。原則として1か月前までに、すなわち3月修了の履修生は2月開催の協議員会で、9月修了の履修生は8月開催の協議員会で、それぞれ決定をおこなう。
8.
PWSコーディネーターは、前項の結果をリーディングプログラム運営委員会に報告する。
(2016/02/12 PWS 協議員会承認)

霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院(PWS)

学位授与付記型フロー

(2016/02/12 PWS 協議員会承認)

書類:修了審査願および審査報告書