カリキュラム・ポリシー:課程を通じて修得すべき知識・能力

霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院(略称PWS)が、そのプログラムを通じて修得すべき知識・能力について以下に定める。本プログラムの憲章をもとに要請されるカリキュラムは、フィールドワークすなわち野外研究にもとづく実体験を重視した知識・技術・価値の習得であり、国際的な視野に立って協力・共同できる能力の涵養である。具体的には、①フィールドワークの実習・実践、②国際連携機関との交流・研修、③国内実験施設での実習・実践、そして④研究のための知識、情報収集技術、情報発信力の育成、およびコミュニケーションツールとしての多言語習得である。


第1のフィールドワーク実習では、京大が保有する国内の野外実習拠点を活用する。天然記念物の幸島での野生ニホンザルの生態観察、世界自然遺産の屋久島でのヤクザルとシカの共存する森での野外研究とそれに続くゲノム実習、妙高高原京大ヒュッテを拠点とした野外生活・観察実習に、自主企画運営の短期野外研究を加えた4つの野外実習を1年次の必修とする。2年次以降は、次項で述べる国際連携拠点でフィールドワーク実習をおこなう。なお、国内のフィールドワーク実習については、琉球大学等連携する他大学の保有する野外実習拠点も活用する。


第2の国際連携機関との交流・研修についても各年次で義務付ける。日本学術振興会の先端研究拠点事業に始まって10年続く日独米英仏伊の先進6か国の連携に加えて、生息地国の主要研究機関との覚書も整っている。またギニア、コンゴ、ガボン、タンザニア、マレーシア、インド、ブラジル等に野外研究のための研究教育基地を有している。こうした海外拠点のいずれかの場所を中継基地として、海外実習を実践する。なお、京大とUNESCOの研修協定が整っており、そうしたものを利用して、国際機関・NGOでの研修を奨励する。


第3の、国内実験施設での実習・実践として、京大が保有する研究施設すなわち霊長類研究所、野生動物研究センター、リサーチリソースステーション、幸島観察所、熊本サンクチュアリや、学外連携施設である日本モンキーセンター、京都市動物園、京都水族館、名古屋市東山動物園等を活用する。こうしたラボワークを通して、こころ・からだ・くらし・ゲノムの広い視野から人間とそれ以外の動物の関係を学ぶ。


第4の、研究のための知識、情報収集技術、情報発信力の育成、および、コミュニケーションツールとしての多言語習得については、講義・実習形式で習得する。具体的には、インターラボと称する研究室めぐりに始まり、セミナー(既存の霊長類学の各種セミナー、野生動物セミナー、人類進化論セミナー、国際センターCICASPセミナーのうちのいずれかひとつと、PWSが独自におこなうアシュラ国際セミナー)を必修とする。なお、多言語習得に関しては、英語を含む3か国語の習得を必修とする。たとえば中央アフリカのコンゴ盆地で活動するには、英語とフランス語とリンガラ語が必須である。同様に、国連機関で働くには最低限、英仏の両語が公用語なのでその習得は欠かせないし、かつ任地となる国の言語は必須である。したがって、多言語でかろやかに情報発信する術が必要だ。絶滅の危機にあり、CITESいわゆるワシントン条約において、付属書ⅠないしⅡに分類されている動物は世界の各地におり、その保全のために国際連携は必須である。そのためには英語でかろやかにコミュニケーションできるだけではなく、多言語で自由にやりとりできる能力が不可欠と考える。ただし、博物館、動物園の職員などめざすキャリアに合わせた柔軟なものとする。なお手法としては、多様な外国人協力者(IC)を用意して、日常的なやりとりの中から実践的に学ぶマンツーマン教育を基本とした多言語習得プログラムを作る。

平成26年3月14日協議員会承認